【Googleアドセンス】sellers.jsonファイルって?簡単に公開する方法

Googleアドセンスsellers.jsonファイルを公開する方法ブログの作り方
カエルくん
カエルくん

Googleアドセンスに「sellers.jsonファイル情報を公開することをおすすめ」とか書いてあるけど、公開した方がいいの?

しょーちゃん
しょーちゃん

販売者情報の公開は、運営者の名前とID・ドメインを公開する設定になるよ。(個人の場合)

Google側は、このsellers.jsonファイルを公開することをおすすめしています。

これを設定すると個人情報を広告主に提示されるようになります。

・個人情報に何が含まれるのか?
・設定するメリットは?
・公開する方法は?

これらについて解説していきます。

アドセンス:sellers.jsonファイルに情報を公開?

Googleアドセンスにログインすると「Google の sellers.json ファイルに販売者情報を公開することをおすすめします。」という表示がされています。

この販売者情報というのは、ブログ運営者の個人情報を広告主に公開する設定になります。

個人情報と聞くと抵抗を感じる方もいると思いますが、この設定は任意でして、公開したくない方はしなくても大丈夫です。(デフォルトだと公開しないになっています。)

個人情報は何が含まれるのか?
販売者情報を公開するメリットは?

これらについて解説していきます。

sellers.jsonファイルに何が公開されるのか

sellers.jsonファイルに販売者情報を公開とは、何の情報が含まれるのか調べてきました。

・運営者の名前
・アドセンスのID
・ドメイン

この3つの情報が公開されるようです。

ネットで検索すると、住所も公開されるの?と心配の声がありますが、住所は今のところ公開されません。

アドセンスにある説明が少し勘違いしやすく「販売者名は、お支払いプロファイルの [名前と住所] セクションに表示される名前です。」と記載されているので、名前と住所が表示されるのか?と心配になる方がいるみたいです。

正確には、お支払いプロファイルの「名前と住所」欄に設定した「名前」を販売者情報として使います。ということなので住所は公開されません。(sellers.jsonファイルで販売者情報を公開する)

sellers.jsonファイルを公開するメリット

なぜ販売者情報を公開することをGoogleは推奨しているのか?

sellers.json は、広告エコシステムの透明性を高め、不正行為を防止するための IAB Tech Lab 標準です。sellers.json は、販売者情報の一般公開ファイルを使用します。サイト運営者は、AdSense アカウントの種類に応じて個人名または会社名をファイルで共有することを選択できます。このファイルで、広告主は信頼できる方法でパブリッシャー様の身元を確認し検証できます。

https://support.google.com/adsense/answer/9889911?hl=ja&ref_topic=7533328

広告主がブログ運営者の情報を確認することができるようになるので、広告主が安心して広告を出せる仕組みですね。

それによって、僕らブログ運営者にこのようなメリットがあります。

Google では、サイト運営者の皆様に個人名または会社名を公開し、情報を透明化することをおすすめしています。そうすることにより、広告主が広告枠を確認しやすくなります。情報を透明化しない場合、広告主はお客様の名前を確認できないため、収益に影響する可能性があります。

https://support.google.com/adsense/answer/9889911?hl=ja&ref_topic=7533328

販売者情報を公開することにより、収益に影響が出ないようになるわけですね。

逆に情報を公開しないと、収益に影響する可能性があるというので、できれば公開しておいた方が良さそうです。

sellers.jsonファイルに販売者情報を公開する方法

sellers.jsonファイルに販売者情報を公開するのは、簡単に設定することができます。

Googleアドセンスにログインしてください。

sellers.jsonファイルに販売者情報を公開する方法

「アカウント」をクリック

sellers.jsonファイルに販売者情報を公開する方法

1.「非機密」にする(非機密=公開)

2.ビジネスのドメインにブログのドメインを入力する(注意あり)

ドメインを入力するときの注意点

ルートドメインを使用します。ドメイン名に「www」やスキーム(「https://」、「http://」、「ftp://」など)は含めないでください。(スラッシュ「/」も入れない)

僕の場合だと「https://sho-chanblog.com/」ここの部分のみを「ビジネスドメイン」に入力する。

これで、sellers.jsonファイルに販売者情報を公開する設定は完了となります。

設定お疲れ様でした。

公開した販売者情報を確認する方法

sellers.jsonファイルに公開した販売者情報を確認する方法があります。

ものすごく時間がかかるので、時間のある方はやってみてください。

1.Google の sellers.json ファイルを開きます。

sellers.jsonファイルの販売者情報を確認する方法

sellers.jsonファイルにアクセスするとこんな画面になります。

こんな感じで、販売者情報が公開されているわけですね。

2.Ctrl+F(Mac の場合は Command ⌘+F)キーを使って、ご自身の サイト運営者ID(pub-○○)を検索します。

3.自分の公開した情報を確認できる(かなり時間がかかります。)

以上、sellers.jsonファイルの販売者情報を公開するについて解説しました。

sellers.jsonファイルは、「ads.txtファイル」とも設定しておくことをおすすめするので、まだ「ads.txtファイル」の設定をしていない方は、こちらの記事からどうぞ!

ブログの作り方
スポンサーリンク
シェアしてくれると助かります_(._.)_
フォロワー募集中(*´▽`*)
この記事を書いた人
しょっちゃ

可愛いわが子に親は何ができるのか?
【様々な本から子育てに役立つ情報を研究】
子育て本はもちろん
脳科学や心理学の本も大好きです。

少しでも日々の子育てに役に立てれば嬉しいです。

フォロワー募集中(*´▽`*)
子育てハビット

コメント