ワードプレス:旧エディター「Classic Editor」にする方法

旧エディター「Classic Editor」にする方法ワードプレス

ワードプレスには、新エディター「Gutenberg」と旧エディター「Classic Editor」の2つがあります。
 
今からワードプレスをインストールする方は、新エディター「Gutenberg」になっています。
 
「Gutenberg」が使いにくい場合は、「Classic Editor」プラグインで戻せるので、試してみてください。

「Classic Editor」にする方法

「Classic Editor」プラグインをインストールすれば、旧エディターを使うことができます。
 
記事作成するときに、2つのエディターから選べるようになります。

「Classic Editor」をインストール

プラグイン新規追加

「プラグイン」→「新規追加」をクリック

Classic Editorを検索してインストール

1.検索に「Classic Editor」と入力
 
2.「今すぐインストール」をクリック

Classic Editorを有効化

「有効化」をクリック

Classic Editorに戻る

これで、投稿の編集画面に入ってみると「Classic Editor」に変わっています。

「Classic Editor」と「Gutenberg」2つ使う方法

新エディターと旧エディターを記事によって使い分けしたいときなど、2つのエディターを選べるように設定することができます。

投稿設定

「設定」→「投稿設定」をクリック

エディターの設定

1.「すべてのユーザーのデフォルトエディター」メインで使いたいエディターを選択
 
2.「ユーザーにエディターの切り替えを許可」はいを選択
 
3.画面下「変更を保存」をクリック

編集でブロックエディター・旧エディターが選べる

これで、編集画面を開くと、記事の編集に2つのエディターが選べるようになります。

以上で、「Classic Editor」の説明を終わります。
 
これからワードプレスを始める方は、無難に新エディターで記事を書く方が分かりやすいと思います。

コメント