データベースの最適化&高速化プラグイン「WP-Optimize」の使い方

データベース最適化&高速化プラグインWP-Optimizeワードプレス

データベース最適化&高速化プラグイン「WP-Optimize」の使い方を解説します。

ワードプレスに入れといて損はないプラグインですので、入れてみてください。

「WP-Optimize」プラグインでデータベースの最適化&高速化

「WP-Optimize – Clean, Compress, Cache.」というプラグインで、データベースに保存される不要なデータを削除してくれてる最適化&高速化プラグインです。

WordPressを長年使っていると、不要なデータが貯まり、その結果WordPressが重たい・表示スピードが落ちるなどの原因になります。

「WP-Optimize」を使うことで、簡単にデータベースの最適化&高速化することができます。

なお、データベースの最適化をする前に、念のためバックアップを取っておきましょう。

バックアップは「UpdraftPlus」プラグインで、簡単に取ることができるので、使い方はこちらから

最適化&高速化プラグイン「WP-Optimize」の使い方

最適化&高速化プラグイン「WP-Optimize」のインストールから使い方まで解説していきます。

「WP-Optimize」のインストール

WordPress管理画面にアクセスしてください。

WP-Optimizeのインストール方法

「プラグイン」→「新規追加」をクリック

WP-Optimizeのインストール方法

検索に「WP-Optimize」と入力

WP-Optimizeが表示されるので「今すぐインストール」をクリック

インストールしたら「有効化」が表示されるので、クリックして有効にしてください。

データベース最適化方法

データベースを最適化する前にバックアップを取っておいてください。

WP-Optimizeの使い方最適化方法

WordPress管理画面から「WP-Optimize」をクリック

WP-Optimizeの使い方最適化方法

1.!マークの付いている項目はチェックしないでください。

2.「未認証コメントの削除」で、まだ読んでないコメントがあればチェックなしで、削除したければチェックをしてください。

3.「選択した全ての最適化を実行する」をクリックで最適化が始まり完了です。

*最適化する前にバックアップを取っておいてください。

「WP-Optimize」の設定

WP-Optimizeの設定方法

1.「設定」をクリック

2.一般設定の「直近2週間分のデータを保持する」をチェック

3.「設定を保存」をクリックで完了!

自動でクリーンアップしてほしい人向けの設定方法

自動でクリーンアップする設定があるので、利用したい方はしてみてください。

WP-Optimizeの自動クリーンアップ設定方法

1.「設定」をクリック

2.「Enable scheduled clean-up and optimization (Beta feature)」にチェック

3.「データベーステーブルの最適化」にチェック

4.「設定を保存」をクリックで完了です。

まとめ

「WP-Optimize」は簡単にデータベースの最適化&高速化してくれるプラグインです。

以上の設定で、たまにクリーンアップするか、自動クリーンアップ設定で不要なデータを削除しておきましょう。

ワードプレスが重たくなってしまうと、表示スピードにも影響が出るので、たまにクリーンアップしてあげてね。

また、バックアップを取ることを忘れないでね!

バックアップはこちらのプラグインからどうぞ

ワードプレス
スポンサーリンク
シェアしてくれると助かります_(._.)_
フォロワー募集中(*´▽`*)
この記事を書いた人
しょっちゃ

可愛いわが子に親は何ができるのか?
【様々な本から子育てに役立つ情報を研究】
子育て本はもちろん
脳科学や心理学の本も大好きです。

少しでも日々の子育てに役に立てれば嬉しいです。

フォロワー募集中(*´▽`*)
子育てハビット

コメント